Press "Enter" to skip to content

無給の労働とメリンダ・ゲイツ

Yieto.jp

ビル・ゲイツの妻、メリンダ・ゲイツのインタビュー
要旨が記事になっているのですが、元になった動画もYoutubeに公開されています(もちろん英語ですが)
このテキストのニュアンスはどんな感じで話してるのか?(冗談なのか、本気なのか、言わされてるのか、切り出してるのかとかとか)より深く言いたいことを理解するためにすごくいいと思います。

言いたいこととしては、
・家事育児という無給の労働を女性が担うことが、女性をやりたいことから遠ざけている
・家族の世話というのは大事なはずなのに、評価されにくい
家事育児の分担もですが、無給でそれらが提供されていることで、評価されない、やりたいことができない状況に置かれてしまうというのが問題で。
無給じゃなければ、労働の中身が評価されるし、給与を使ってやりたいことが出来たりと選択肢が増えて人生が変わってくるよねと。
ただ、有給にしろということでなく、女性が多く担っている家事育児はそういう性格の労働だというの意識付けが大事と言いたいのかなと。

そして、家事育児を女性がより担っている現状については、
「アメリカで状況が変わるのはまだまだ遠いと考えている」
ということで、現実が見えているからこそでしょうか?結論を述べています。