Press "Enter" to skip to content

『アドラー式子育て 家族を笑顔にしたいパパのための本』という本

Yietoブログ編集担当

男性が家事育児をやらない(やれない)のは、いろいろ理由がいわれてますが、一つに、そもそも知らないからだという意見もあったりします。
特に育児においては、知らないことだらけで、それを知ろうとしない男性が多いんじゃないかなと。ということで、じゃあ、知ろうということが本になっております。
本を読むとよりいいんでしょうが、記事中に、要点をまとめてくれてまして(親切!)以下の3点です。

・共感ファースト=相手が誰でも、相手の価値観や考えに、まず共感してみる
・ヨコから目線=上から目線は相手の依存を生む。自立を促すなら対等な関係性を
・「しんぱい」(心配)を「しんらい」(信頼)に変える=手出し口出しせずに見守る

心配が信頼に変わるタイミングなんて来るんでしょうか?!(「心配」→「諦め」ならわかる!)
まあ、言ってることはシンプルで、わかるわかるーわかるんですが、実践が難しい。。。

@DIME アットダイム
子供は楽しい!親はイライラ…夏休みのお父さんのためのコミュニケーション術|@DIM...
https://dime.jp/genre/580730/
子供とのコミュニケーションにおいて、「感情的になってはならない」と頭ではわかっていても、つい感情的になってしまう父親は多いものだ。特に今は夏休み中盤戦だ。父親としての家族のかかわり方について、悩...